ホーム > > 色の作成と変更

色の作成と変更

  • 2011年2月4日 10:47 AM

Quartz Composer には Color という型があります。

RGB Color とHSL Color パッチで、Color 型の値を作成することができます。反対にColor 値からRGB、HSL の値を取得する、Color to RGB とColor to HSL パッチもあります。

それぞれのInput Parameters を開いてみます。

RGB はよくある、Red(赤), Green(緑), Blue(青) と透明度のAlpha を0〜1 の値で指定します。HSL は映像系の人には馴染みがあると思いますが、Hue(色相)、Saturation(彩度)、Luminosity(輝度)です。

一見、RGB の方がわかりやすいですが、HSL の方がコントロールしやすいと思います。例えば、Hue にLFO の値を繋げると色が変化します。(デフォルト値は輝度が1で、飽和して白になるため、Luminosity を下げないと色が出ません。)

このように、Alpha 値を使って重ねる場合は、上に重ねるBillboard のBlending をOver にします。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://wp.djgj.jp/archives/142/trackback
トラックバックの送信元リスト
色の作成と変更 - QCこんなときどーするの? より

ホーム > > 色の作成と変更

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る