ホーム > > 赤白黄で接続したい

赤白黄で接続したい

  • 2011年2月5日 11:09 AM

コンポジットビデオ

「いちばん普通のビデオケーブル」で出てくるのは、今でも赤白黄のRCA ピンプラグ、コンポジットビデオケーブルだと思います。(赤と白はオーディオ)


コンポジット端子とS端子

Mac と古い機材を接続するため、どうしてもこの信号で出力したい場合があります。
1昔前のMac はビデオアダプタというものがありました。こちらの表を参考にしてください。
2昔前のMac は、本体に直接 S端子を差し込めたり、ヘッドホン端子と共用の変なビデオ出力端子(Sony のビデオカメラと似てるけど違う) がある機種もありました。
大昔のAV Mac シリーズでは、コンポジットビデオの入出力ができたものです。

最近の機種(Mini DisplayPort 搭載機)では、このビデオ信号(NTSC等) を出力することができません。
この場合、ダウンスキャンコンバータという機材が必要になります。
PC のディスプレイ信号をTVの信号に変換する装置です。安くなりましたが、数千〜1万円くらいです。

Mac 対応を明記しているのは、この製品くらいでしょうか。 →amazon [BUFFALO SC1]
秋葉館で、VGA アダプタ、ケーブルとセットで販売しているものもあります。 →こちら
(汎用的なものなので、必ずしもMac 対応品である必要はありませんが、相性などもあります。)

逆変換

コンポジットビデオ(NTSC) 信号をパソコン用のVGA(RGB)信号に変換したい場合は、アップスキャンコンバーターという機材が必要です。
また、Mac にコンポジットビデオ(NTSC) 信号を取り込みたい場合は、USB やFireWire に変換するビデオキャプチャを使います。
Mac に対応していても、Quartz Composer に対応していない場合があるので注意してください。

S端子

S端子が使える場合は、S端子で接続した方が、よりキレイです。
コンポジット(混合)信号から、Y 信号(輝度) C 信号(色) を分離した信号です。

コンポーネントビデオ/D端子

コンポーネントビデオ (赤青緑) やD端子が使える場合は、S端子よりもキレイです。
コンポーネントビデオとD端子は互換性があり、AV コーナーで変換ケーブルが購入できます。
赤青緑のコネクタですが、RGB ではなくYUV の信号です。

D4出力対応のスキャンコンバータは、こちら。 →amazon [BUFFALO SC4]

HDMI

HDMI が普及し、HDMI 出力の家電をD端子/コンポーネント端子などのディスプレイに繋げたい、という需要が有るようです。
無名メーカーながら、5000円以下の品もあります。
実際に使ったことはなく、お勧めできるモノではありませんが、今後AV コーナーなどで、HDMI => コンポーネント 変換器が安く売られる可能性があります。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://wp.djgj.jp/archives/236/trackback
トラックバックの送信元リスト
赤白黄で接続したい - QCこんなときどーするの? より

ホーム > > 赤白黄で接続したい

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る