ホーム > > 画面に絵を表示する

画面に絵を表示する

  • 2011年2月3日 3:08 PM

Quartz Composer の基本中の基本、「画面に絵を表示する」を紹介します。

Billboard または、Sprite のパッチを作成し、画像ファイルをFinder からドラッグ&ドロップします。

画像のimage アウトレットとBillboard(またはSprite) のインレットを接続して完成です。

画像を表示する例


Billboard パッチで表示


Sprite パッチで表示

Billboard とSprite の違い

Billboard にはAuto Width、Auto Height (デフォルト)など、縦横比を保ったまま拡大・縮小表示ができる「Dimensions Mode」の設定(Command + 2 :Settings) があります。Sprite で同様にアスペクト比を保つには Image Dimensions  というパッチを使います。

さらに、3D の変形をかけるパッチ(3D Transformation や、TrackBall など)の中に入れた際、Sprite は変形が適用されますが、Billboard は変形しません。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://wp.djgj.jp/archives/50/trackback
トラックバックの送信元リスト
画面に絵を表示する - QCこんなときどーするの? より

ホーム > > 画面に絵を表示する

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る